​求める人材

「一流」の思考と行動を目指して。

有馬ゼミは1993年の創立以来、マーケティング分野の修得を通じて総合的な思考力・行動力を養うことで、社会の第一線で活躍する人材を輩出して参りました。「大胆な決断ができ細心の詰めを怠らない思考と行動」をする「一流」の人間になることを目指し、日々の活動に取り組んでいます。そのような組織・ゼミ生のあるべき姿を、2013年には蟻と馬をモチーフにしたロゴマークに、2018年にはそのロゴマークよりインスパイアされたゼミナールメッセージにそれぞれ表しました。ゼミ生それぞれが、活動の中で何を感じ、どう活かしていくのか。その積み重ねが、有馬ゼミの次の10年を作っていくと考えております。

切磋琢磨の中で、

自らの成長を自主的に創り上げたい人。

 

有馬ゼミの豊富なコンテンツのほとんどは、数人のグループで行うものです。さらに、上級生が下級生に対して指導やアドバイスをする、というのも、有馬ゼミが大切にしている文化です。その文化を活かしつつ、自らが成長できるような活動を、自分たちで組み立てていく。それが有馬ゼミ生です。

多くの人との関わりの中で、刺激を受け成長したい人。また、自らもそんな刺激を発信していきたいと思える人。誰かに与えられるのではなく、自らの欲す能力を自らで得ようとする人。有馬ゼミは、そんな本気で成長を求める人を待っています。

立教大学経営学部

​有馬ゼミナール

​オープンゼミ情報

こちらから

​SNS

  • Instagram
  • Twitter Clean
  • facebook
図1.jpg