有馬ゼミでは、1年生にゼミについて深く知ってもらうためにオープンゼミや説明会を開催しています。オープンゼミは昼食会は毎週月・水曜日、オープンゼミは木曜4限にそれぞれ開催しています。

毎週月・水曜日

​昼食会

(​予約不要)

毎週月・水曜日の昼休みにA202教室で行われる昼食会では、ゼミ生が直接、1年生の疑問に答えます。「有馬ゼミは活動量が多いって言われてるけど実際どうなの?」「バイトやサークルとも両立できる?」「具体的な活動内容は?」など、皆さんが感じる疑問にひとつひとつ丁寧に答えていきます。いきなりオープンゼミに来るのは不安、という人は、まずは昼食会に遊びに来てください。昼食会は予約不要です。お気軽にお越しください!

ヒット商品分析・提案では、まずは現在ヒットしている製品・サービスの成功要因は何かを明らかにします。「今」流行っている製品・サービスについて深く考えることが、現在の消費者を理解することに繋がります。次に、その製品・サービスに対する提案を考えます。ここでは、今後必要となる機能は何かを的確に見通す洞察力が求められます。この2つのプロセスを通して、要因を見抜く力、未来を予測する力が養われます。マーケティングを学ぶのに、これほど適したコンテンツはありません。当日は、皆さんが興味を持って取り組めるような題材を用意して待っています!

10/11

ヒット商品分析・提案

10/18

​新商品企画

新商品企画は、有馬ゼミが大切にしている「消費者視点」を上手く読み取るためのコンテンツのひとつです。今回のテーマは「3Dプリンターを使ったサービス」。参入する業界の中で「その製品・サービスならでは」の強みを持ち、さらに自分自身も「これを使いたい!」と思えるような新商品を生み出すことが求められます。このコンテンツを通して、業界内で他社と差別化が図れているか、さらにその差別化ポイントは消費者から見て魅力的なものかを判断する、言わば「消費者視点での差別化」を生み出す力が養われます。参加すれば、マーケティングの中でも「製品開発」に関わる部分の楽しさを体験できるでしょう。

ディベートは、有馬ゼミの最も白熱するコンテンツのひとつです。テーマに対して2班に分かれ、それぞれ根拠を持った意見を構築し、主張と反駁を行います。これにより、相手の意見を素早く正しく理解し、またそれに対する意見を構築する力を養うことができます。お互いにテーマに対して広く情報を集めているからこそ、ディベート本番では白熱した論戦を繰り広げることができます。見学すれば、あなたもきっと参加したくなるでしょう。

10/25

​ディベート見学

11/08

​顧問様講演

有馬ゼミでは年に数回、OBOGの先輩方や顧問の先生方をお招きして講演を聴かせて頂きます。実際に社会の第一線で活躍されている方のお話を聴くことで、新たな知識や発見、これまでとは違った考え方に出会うことができます。11月8日のゲストスピーカーは、顧問の門川義彦先生です。門川先生は笑顔コンサルタントとしてご活躍されており、各メディアからも注目を集めています。オープンゼミに来れば、普段の授業とは違った角度からの学びがあるでしょう。

2年生が参加している関東マーケティング大会は、お題に沿って各グループがテーマを設定し、研究します。今年度のお題は「つなぐマーケティング」です。それぞれの研究成果を、最終的にには論文とプレゼンテーションの形にまとめます。
3年生が取り組んでいるマスナビチャレンジは、クライアント企業様に学生の視点からビジネスアイデアを提案するという大会です。今年度は2班に分かれ、それぞれ「ドミノピザ部門」「キリン自販機部門」に参加しています。
参加すれば、有馬ゼミのゼミ内発表の雰囲気や緊張感を感じ取ることができるでしょう。

11/22

​関マケ・マスナビ発表

11/29

​広告作り

広告作りでは、「どのような広告が見る人の心に響くか」「どうすれば製品の魅力が最大限に伝わるか」という消費者としての視点も大切にしながら、テーマに沿った広告を作ります。今回のテーマは「オリンピック・パラリンピックのボランティア募集のための広告作り」。限られた時間の中で、発想力と消費者視点を最大限に活用することが求められます。このオープンゼミで、有馬ゼミがマーケティングを学ぶ上で常に意識している「消費者視点を大切にする」とはどういうことなのかを、体験することができます。参加すれば、有馬ゼミの学びはどのようなものなのかを直接体感することができるでしょう。

広告作りでは、「どのような広告が見る人の心に響くか」「どうすれば製品の魅力が最大限に伝わるか」という消費者としての視点も大切にしながら、テーマに沿った広告を作ります。今回のテーマは「オリンピック・パラリンピックのボランティア募集のための広告作り」。限られた時間の中で、発想力と消費者視点を最大限に活用することが求められます。このオープンゼミで、有馬ゼミがマーケティングを学ぶ上で常に意識している「消費者視点を大切にする」とはどういうことなのかを、体験することができます。参加すれば、有馬ゼミの学びはどのようなものなのかを直接体感することができるでしょう。

11/22

​広告作り

11/29

​新商品企画

新商品企画は、有馬ゼミが大切にしている「消費者視点」を上手く読み取るためのコンテンツのひとつです。参入する業界の中で「その製品・サービスならでは」の強みを持ち、さらに自分自身も「これを使いたい!」と思えるような新商品を生み出すことが求められます。このコンテンツを通して、業界内で他社と差別化が図れているか、さらにその差別化ポイントは消費者から見て魅力的なものかを判断する、言わば「消費者視点での差別化」を生み出す力が養われます。参加すれば、マーケティングの中でも「製品開発」に関わる部分の楽しさを体験できるでしょう。

​新入生募集

有馬ゼミは大変なゼミですが、あなたの成長を保証します。”本気で取り組みたい””自分を変えたい””本当の仲間が欲しい”​そんなあなたを待っています。

​詳しくはコチラ→

​スケジュール

有馬ゼミでは、1年生にゼミについて深く知ってもらうためにオープンゼミや説明会を開催しています。

​←詳しくはコチラ

​エントリーシート

​出願の際のエントリーシートはこちらからダウンロードできます。

​詳しくはコチラ→

阿部 和麿

生方 美有

坂場 元

​神野 杏佳

鈴木 美也子

橋詰 綾香

平林 祐菜

立教大学経営学部

​有馬ゼミナール

​オープンゼミ情報

こちらから

​SNS

  • Instagram
  • Twitter Clean
  • facebook
図1.jpg