有馬ゼミ紹介

1/1

有馬教授

特徴

活動内容

コロナ対策

顧問

行動規範

ゼミ生

ゼミ生に求めるもの

有馬ゼミの 特徴

マルチタスク

有馬ゼミは多くのコンテンツを

同時に取り組みます。

取り組む事は多いですが、

その分だけ忍耐力や様々な知識が

身に付きます。

 

特に、スケジューリング能力の

向上により、

効率よく充実した学生生活を

送れるよう取り組んでいます。

二学年合同

有馬ゼミは2・3年生が

二学年合同で行うゼミです。

グループワークでは

2年生が3年生からの指導により、

3年生は2年生を指導する事で

お互いを刺激し合います。

 

学年ごとに成長の質が変わるため、

自分を高め続けることが出来、

有馬ゼミが重要視している

​文化の1つです。

学生主体

学生が主体となり運営しています。

活動内容をすべて全員で

ゼミ活動を決ることで

主体性や責任感を養います。

​一人一人がゼミに対し、

積極的に取り組めるよう

工夫しています。

お互いに切磋琢磨し、

人としても

ゼミ全体としても

成長できるのも​特徴です。

 
 

行動規範

有馬ゼミでは、社会で活躍する人材になるための

行動規範として三箇条五原則を設けています。

三箇条

1.  一流を目指す

2. 地道な努力の価値を知る

3. 品格を身につける

​五原則

1.  ゼミには受け身で来るな奪い取りに来い

2.  ゼミでは常に戦え

3.  与えられた時間は同じ限られた時間を最大限に活用せよ

4.  見えない時から努力しろ 先の先まで考え口より手を動かせ

5.  失敗を恐れるな 結果を恐れるな 自信をもってことに当たれ

有馬ゼミは1993年の創立以来、マーケティング分野の修得を通じて総合的な思考力・行動力を養うことで、

社会の第一線で活躍する人材を輩出して参りました。

「大胆な決断ができ細心の詰めを怠らない思考と行動」をする「一流」の人間になることを目指し、

日々の活動に取り組んでいます。

ロゴメッセージ

他のゼミと比べると一風変わった雰囲気のある有馬ゼミのロゴ。

ゼミ創設20周年の2013年、

現在有馬ゼミの顧問もあり、デザイナーとしてご活躍されている大野直樹先生が

​有馬ゼミという組織、そしてゼミ生のあるべき姿をロゴマークに描きました。

ここでは、一つ一つのデザインに組み込まれた”意図”を紐解いていきます。

『蟻』=地道な努力

『馬(サラブレッド)』=「品格」「一流」「社会性」

                                   伝統、由緒正しい、駆け抜ける

『鍵』=未来を切り拓く

『クラウン』=「正義」「名声」「栄光」

『INTEGRITY』=「誠実」「正直」「統合性」

​『赤』=ストイックで熱い、情熱的、

           一生懸命というゼミナールを象徴するカラー

 

立教大学経営学部

​有馬ゼミナール

​オープンゼミ情報

こちらから

  • Instagram
  • Twitter Clean

​SNS

図1.jpg